評判の高いミサワホームが不動産売却をサポート|価値ある利用法

査定の依頼をする

積み木の家とお金

売却の参考に取得する

不動産仲介業者は、不動産の売買契約が成立することで報酬として仲介手数料を受領することができます。したがって、仲介業者は売買情報、中でも売り物件の情報がのどから手が出るほど欲しいわけです。なぜならば、不動産は二つとして全く同一の物件が存在しないため、不動産の売主をグリップできれば、売買交渉のイニシアチブをとれるため、成約に導ける可能性が高まるからです。不動産の売主は、この仲介業者の特質を踏まえたうえで、不動産査定を依頼すればよいのです。ただし、不動産査定を依頼する理由は「売却の参考」であることを明確に仲介業者に依頼することが大切です。なぜならば、単に「自分の不動産価値を知りたい」程度の動機であれば、仲介業者が不動産査定を引き受けてくれない可能性もあるからです。

不動産査定は無料で頼めます

では、不動産査定は有償なのでしょうか。もちろん、無償で査定依頼をすることはできます。ただし、査定依頼をする場合には複数の仲介業者に依頼するようにしましょう。金額にバラつきが出ることはもちろんありますし、信頼できる仲介業者は「査定根拠」を明確にしてくれるからです。査定根拠を示すことなく、単に査定金額だけを報告する仲介業者は信頼できるとは言えません。単に仲介手数料目当てに高めの金額を提示しているだけの可能性もあるからです。したがって、査定金額が高いという理由だけで、その仲介業者に売却の窓口を任せてはいけません。上述のとおり、仲介業者は仲介手数料を目的として無料査定を引き受けるのですが、「査定金額根拠が明確で、かつ提示金額が高い業者」に売却の依頼をすることが大切です。